2019年12月08日

【総務部】第7回 全青税理事会(名古屋理事会)

広報部長の山本祥嗣です。

12月8日、名古屋駅のウィンクあいちにて名古屋理事会が開催されました。
午前中は拡大組織部会も行われました。
全国大会とシンポジウムの新しい運営方法について話し合われました。

o1478110814700314892.jpg

午後の理事会では、10月の福岡に続いて再び市川公一副会長が議長となりました。

直前に行われた日税連役員との懇談会や、税制改正要望書、次回のシンポジウムのテーマ、慶弔規定の見直しなど、時間いっぱいまで活発な議論が行われました。

o7266258014700319685.jpg

懇親会は、いつもと少し雰囲気を変えて。

理事会会場近くのボカチェントロで行いました。

o1478110814700320372.jpg

いつものように高井厚生部長が盛り上げてくれます。
年の瀬に近い名古屋での理事会、皆様お疲れ様でした。

次回は1/19、東京理事会です。
タグ:理事会報告
posted by 全青税広報部 at 00:00| 総務部

2019年12月03日

【法対策部】日税連との懇談会報告

法対策部長の平良です。
2019年12月3日に日税連執行部との懇談会を開催しました。

o1600106714695111927.jpg

法対策部で懇談会のテーマを事前に検討し、今年度は「次期税理士法改正」、「税理士法1条使命条項及び納税者権利憲章」、「消費税の軽減税率制度の廃止」、「日税連の機構改革」及び「国際交流事業」について意見交換を行いました。このブログでは個人的な感想等を書くことにしますので、懇談内容の詳細については7月発行予定の広報誌をご参照ください。

この懇談会は、全国青税にとって1年に1度だけ日税連執行部に直接意見や質問をぶつけることができる絶好の機会です。過去の懇談会で侃々諤々の議論が交わされたなどと聞くと、有意義なものにしなければ全国青税の存在意義が問われてしまうのではないかと重圧も感じます。懇談会の直前は、寝床に入ると大先輩である歴代会長の顔が脳裏に浮かびました。もちろん三谷会長の顔もです。私より心配をしていたのは三谷会長かも知れません。

o1600106714695112011.jpg

当日の午前中は懇談会での質問内容の事前確認のため全青執行部及び単位青税代表等が大崎の貸会議室に集合し、午後の懇談会に備えました。直前の打合せで質問内容の大幅な変更や追加をして、相手側が回答に窮するような質問も準備したつもりになって会場に向かいます。

o1441105414695112223.jpg

o1600106714695112032.jpg

いよいよ神津会長の挨拶で懇談会が始まり、トップバッターで藤原功子税理士制度対策委員長が次期税理士法改正についての質問を行います。質問内容は誌面の関係上割愛しますが、全国約7万8千人の税理士に意見を募集したにも関わらず、1180名余りしか回答しなかったことに衝撃を覚えました。自らの職業法である税理士法について全く関心が無いのだろうか。それとも税理士法を学ぶ機会が無いだけなのだろうか。日税連が税理士法改正について、税理士個人に直接意見を募集するのは初めてだと聞いています。個人的にその姿勢は評価しますが、税理士法についての理解が無ければ回答のしようがありません。先ずは税理士自身が税理士法を学ぶ環境を整える必要がありそうですね。

o1600106714695112057.jpg

その後も質問が続きましたが、回答で気になったのは、私が質問した日税連の機構改革です。昨年5月に会務制度委員会から「会長選任に係る役員選任規則について(答申)」が出され、この答申の内容に関連して質問しました。

質問内容を要約すると、会長選任方法を含めて日税連は民主的な運営がなされていないのではないかという趣旨です。この質問に対し、これまで民主的で無かったという事例を挙げてほしいとの回答がありました。そういうことではなく私が意見したかったのは、全国7万8千人の税理士の意思を反映する手段が確保されていないのではないかということです。これまでの会務運営に瑕疵がないから問題無いということではなく、その意思決定に至るまでのプロセスこそが重要なのではないかと。我々が税理士会に納める年会費の一部は、税理士会を通じて自動的に日税連に納められます。会費を納めていることを理由に、我々は実質的に日税連の構成員だと考えるのは論理の飛躍でしょうか。個人的に会長選任については、税理士個人が直接投票できる方法が最も望ましいと考えますが、それはそれでまた別の問題が生じるかも知れません。これから法対策部では日税連の機構改革について要望書を取り纏める予定です。その議論の中で諸々検討していきたいと思います。

o1600106714695112157.jpg

最後に国際交流事業について意見交換し、懇談会は無事終了しました。

o1600106714695112103.jpg

神津会長にはご多忙の中、最初から最後まで出席していただきました。日税連執行部の皆さまに対し、失礼な発言もあったかと思いますが、正面から受け止めていただいたことに心より感謝申し上げます。また、懇談会の準備にあたり質問を準備していただきました執行部の皆さまにこの場を借りて感謝申し上げます。


posted by 全青税広報部 at 00:00| 法対策部